1/6

平成16年度の開業以降、印象に残っている施術​

小学生 武道の受身を失敗し頭から転落

病院で頸椎捻挫と診断され3日後に来院されました。転落してから立ち上がるまでのことは覚えておらず、一過性の脳振盪を起こしていたと考えられます。首の骨のゆがみが大きく、顔は前方に突き出た状態で背中は猫背のように丸くなり、上半身がとても辛いようでした。ろくりん館にて衝撃を与えない手技(ゆーらん法)で骨を元に戻すと「痛みがなくなって呼吸が楽になった!」と笑顔になってくれました。​一週間後、無事に全国大会に出場できましたとご報告頂きました。その後1年以上経過していますが現在後遺症等もなく普段通りの状態で過ごせているとのことです。

中学生 武道の受身を失敗し頭から転落

首と肩を強打し、5日後には痛みがひどくて起き上がれなかった程だったそうです。病院では頸椎捻挫と診断されましたが、一向に治る気がせずにろくりん館へ来院されたそうです。首の関節やその他の組織が固くなっている部分がありましたので、そちらを考慮しながら慎重に施術を行ないました。転落後から時々あった吐き気が施術後よりなくなったとのことでした。

20代 ぎっくり腰でお悩みの方

別の整骨院で7時間前に治療を受けたばかりでしたが、あまりの痛みに我慢ができず当院に来院したとのことでした。介助がないと車からも降りられず、もちろん歩くこともままならない状態でした。常に前傾姿勢で、体を起き上がらせることができないようでした。

ぎっくり腰特有の骨盤の歪みでしたが、この頃はまだぎっくり腰に対しては動かさずテーピングやコルセットでガチガチに固める治療法がメインでした(現在は動かした方がよいとの考え方に変わってきています)。ゆーらん法はろくりん館を開業した当初より「骨格を元に戻すべき」という考えで手技を行なっていましたので、そのような施術をしました。施術が終わるころには正常に立ち上がることができ、体もまっすぐ、帰宅後も普段通り歩けて痛みがかなり軽減されたとのことでした。この方の場合は一旦受けた治療が合っていなかったために1週間お仕事をおやすみすることになったそうですが、当院に直接来ていただいた方のほとんどは翌日か翌々日には出勤できたとご報告いただきます。痛みは4日間程度でなくなってくるそうです。

骨格を戻すという行為は、神経を刺激する可能性があるということです。場合によっては下半身麻痺などを誘発する危険性もありますので、見よう見まねで手技を行なうのはやめましょう。

●「ぎっくり腰」と「腰痛症」、骨格の歪み方は一緒なのに診断結果が違うのはなぜ?

骨格は歪みはじめていても痛みの自覚症状がなく、ある動作の反動で急激に骨の歪みがMAXを超えてしまった場合は「ぎっくり腰」、腰痛の自覚症状はある状態で、じわりじわりと歪みが大きくなっていった結果ぎっくり腰を同じようになってしまったものを​「腰痛症」と呼びます。

ろくりん館整体(整体教室LoXLIN)

〒754-1277 山口県山口市阿知須509-17

509-17, Ajisu, Yamaguchi-shi, Yamaguchi, Japan

TEL(FAX兼用) / 0836-65-5027    MOBILE / 090-7591-9947

営業時間 / 9:30~21:00(予約制) 定休日 / 水曜日

​※ご予約のお電話は7:00~19:00でお願いします。

 年末年始・お盆・GW等、長期休暇も営業しております。お問い合わせ下さい。

Copyright ©2011 Lokulinkan All Rights Reserved.